ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 健康増進課 > 歯・口からはじまる健康づくり~乳児期~

本文

歯・口からはじまる健康づくり~乳児期~

乳児期の歯と口の健康

”口の機能”は,赤ちゃんのころから育てていくことが大切です。生まれたばかりの赤ちゃんは「反射」によって母乳やミルクを飲んでいます。その後少しずつ赤ちゃんの意思で飲むように変化していきます。この反射は生後5~6か月ごろに消えていきます。このころが離乳食をはじめるタイミングです。離乳食によって食べることを少しずつ学習していきます。

離乳食がはじまったころは,食べられる種類や量が増えていくことかどうかが気になりますが,口の機能を育てる重要な時期です。急がずあわてず,赤ちゃんの口の発達に合わせて離乳食を進めていきましょう。

くわしくはこちら→ お口の機能とむし歯予防 [PDFファイル/1.56MB]

 

母子保健課では,離乳食教室や,子育てひろば を実施しています。

あかちゃん

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)