ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 健康増進課 > 歯・口からはじまる健康づくり

本文

歯・口からはじまる健康づくり

ライフステージを通じた歯と口の健康づくり

歯と口の健康は,「食べる」「話す」など口の機能を果たすために欠かすことはできないもので,生活の質の向上に大きくかかわっています。また,全身の健康にも影響します。

それぞれのライフステージにおける歯と口の健康づくりが大切です。

 

妊娠期      乳児期      幼児期      学童期,思春期   

成人期      高齢期

 

歯

 

かむこと

しっかりよくかんで食べることは子どもから高齢者まで大切な習慣です。毎日の食事は,かむ力をつけることにつながります。

日常生活の中で「かむこと」「口の機能の大切さ」についても意識していきましょう。

 

   よくかんで食べよう (乳児期~思春期)かむかむ

 

   早食いに気をつけよう(成人期)

 

 オーラルフレイルを予防しよう [PDFファイル/742KB](高齢期)

 

口呼吸について

おどろき最近,子どもから大人まで,お口がポカンと空き,口で呼吸をしている「口呼吸」の人が多くなっています。口呼吸は,お口の中だけでなく全身の健康にも悪い影響があるといわれています。

   口呼吸に注意

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)