ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 地域防災推進課 > 令和2年度家具等転倒防止対策の支援について

本文

令和2年度家具等転倒防止対策の支援について

家具等の転倒防止対策について

 在宅時に地震が発生し,強い揺れによって家具等が転倒したり,ガラスが飛散したりすると,大きな怪我をするだけでなく,津波や火災からの避難の大きな妨げになります。
 地震の揺れから命を守るため,寝室や通路にある家具等は,倒れないようにきちんと固定するか,安全な場所に移動させましょう。
転倒防止器具

令和2年度家具等転倒防止対策支援事業の実施について

 地域防災推進課では,これまで,地震発生時における家具等の転倒及び飛散による被害の防止を図るため,皆さまのご自宅に委託事業者を派遣して家具等の固定を支援する「家具等転倒防止対策支援事業」を実施してきました。

 今年度は,新型コロナウイルス感染防止対策の観点から,市民の皆さま及び器具取り付けに従事する事業者の健康・安全面を最優先に考え,慎重に実施時期を検討した結果,受付を令和2年9月1日から開始します。

(1)支援対象

「高知市内に居住し,住民登録を行っている者で構成する世帯」
 
※ 一昨年度までは,高齢者や障害者等,ご自身で転倒防止器具の取付けを行うのが困難な方に限定していましたが,昨年度から利用対象者の範囲を大幅に拡大しました。

(2) 募集対象世帯数

予算の範囲内(概ね200世帯を予定)

(3) 募集期間

令和2年9月1日(火曜日)から令和3年1月29日(金曜日)まで

※ 予算の都合又は新型コロナウイルスの発生状況により,早期に受付を終了することがあります。

(4) 申請方法

申請書(第1号様式)に必要事項を記入し,地域防災推進課へ提出してください。郵送でも可能です。

※ 転倒防止器具を取り付ける建物が申請者および同居人が所有する建物以外の場合,該当する建物の所有者または管理者の承諾書(第2号様式)が必要となります。(市営・県営住宅については不要)
家具等支援対策事業について  [PDFファイル/456KB]
申請書様式(記入例)  [PDFファイル/314KB]

(5)注意事項

・この事業の利用は1世帯あたり1回限りです。
 これまでに当事業を利用したことがない世帯のみ申請できます。今年度利用した世帯は来年度以降申請できません。
・利用決定通知後,市が委託した事業所から事前調査・取り付けの日程調整等についてご連絡いたします。
・取り付け支援ができる家具等は最大で5点までです。ただし,特殊な形状の家具で,取り付けに時間を要する時などは,取付点数を制限する場合があります。
・ガラス飛散防止フィルムは,食器棚のガラス戸など家具に付随するガラスへの貼り付けのみ取り付けします。窓ガラスには取り付けできません。
・器具の取り付けに際しては,ネジ等で連結しますので,家具や壁等が傷つきますことをご了承ください。
・建物の構造や家具の配置状況によっては器具が取り付けられない場合があります。
・取り付け完了後の家具等の移動,器具の取り外しは自己責任で行ってください。

(6)申請書配置場所

高知市家具等転倒防止対策支援事業の申請書等は,以下の場所で9月1日から配置します。
 地域防災推進課
 市役所総合案内,情報公開・市民相談センター
 各地域の窓口センター,ふれあいセンター,コミュニティセンター
 健康福祉センター,障害者福祉センター,春野あじさい会館
 市民会館

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)