ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 環境保全課 > 騒音規制法及び振動規制法について

本文

騒音規制法及び振動規制法について

1 目的

指定地域内の著しい騒音や振動を発する施設(特定施設)を持つ工場及び事業場(特定工場)における事業活動に伴う騒音及び振動について届出義務や規制基準を定めることで生活環境の保全を目的としています。

建設工事に伴う音と振動についてはこちら(特定建設作業について)

目次へ戻る

2 指定地域について

騒音規制法及び振動規制法において,生活環境を保全すべき地域について特定工場から出る騒音及び振動を規制することになっています。高知市では都市計画法に基づき地域を指定しています。

都市計画法に騒音規制法に振動規制法に特定建設作業
基づく用途地域基づく地域指定基づく地域指定の区域区分
   (騒音・振動)
第1種低層住居専用地域第1種地域第1種地域第1号区域
第2種低層住居専用地域
第1種中高層住居専用地域第2種地域
第2種中高層住居専用地域
第1種住居地域
第2種住居地域
準住居地域
近隣商業地域第3種地域第2種地域
商業地域
準工業地域
工業地域第4種地域第2号区域
工業専用地域無指定地域無指定地域無指定地
市街化調整地域
都市計画区域外

(注)都市計画公園等に指定されている地域は周辺の指定に準じて騒音規制法に基づく地域の指定をしている。

都市計画法の用途地域の指定に騒音規制法,振動規制法の地域指定,特定建設作業の区域区分の指定が一部準じていない地域がある。

例)南海化学,東洋電化周辺

工業専用地域→第4種地域(騒音規制法),第2種地域(振動規制法),第2号区域(特定建設作業の区域区分)

 

旧鏡村,旧土佐山村及び一部の旧春野町地域は無指定地域です。(春野町南ヶ丘のみ地域指定あり)

目次へ戻る

3 規制基準について

特定工場は昼間,夜間,朝夕の時間帯において指定地域ごとに規制基準を守らなければなりません。また,高知市では条例等において上乗せ基準はありません。

 

騒音に係る規制基準

 昼間朝夕夜間
午前8時から午後7時まで午前6時から午前8時まで
午後7時から午後10時まで
午後10時から翌日の午前6時まで
第1種区域50デシベル45デシベル40デシベル
第2種区域55デシベル50デシベル45デシベル
第3種区域65デシベル60デシベル55デシベル
第4種区域70デシベル65デシベル60デシベル

 (注)第3種区域及び第4種区域で特に静穏を要する地域は当該値より5デシベル減じた値とする。

振動に係る規制基準

 昼間夜間
午前8時から午後7時まで午後7時から翌日の午前8時まで
第1種区域60デシベル55デシベル
第2種区域65デシベル60デシベル
 

 ▲目次へ戻る

4 特定施設について

特定施設とは工場または事業場に設置されている施設のうち,著しい騒音と振動を発生させる施設と定義されています。施設の種類や出力の大きさによって決まっています。

騒音規制法特定施設一覧                                      騒音規制法施行令別表第1 より

特定施設の種類

1金属加工機械
圧延機械(原動機の定格出力の合計が22.5キロワット以上のもの)
製管機械
ベンディングマシン(ロール式のものであって原動機の定格出力が3.75キロワット以上のもの)
液圧プレス(矯正プレスを除く)
機械プレス(呼び加圧能力が30重量トン(294キロニュートン)以上のもの)
せん断機(原動機の定格出力が3.75キロワット以上のもの)
鍛造機
ワイヤーフォーミングマシン
ブラスト(タンブラスト以外のものであって密閉式を除く)
タンブラー
切断機(といしを用いるもの)
2空気圧縮機及び送風機(原動機の定格出力が7.5キロワット以上のもの)
3土石用または鉱物用の粉砕機,摩砕機,ふるい及び分級機(原動機の定格出力が7.5キロワット以上のもの)
4織機(原動機をもちいるもの)
5建設用資材製造機械
コンクリートプラント(気ほうコンクリートプラントを除き,混練機の混練容量が0.45立方メートル以上のもの)
アスファルトプラント(混練機の混練重量が200キログラム以上のもの)
6穀物用製粉機(ロール式のもであって,原動機の定格出力が7.5キロワット以上のもの)
7木材加工機械
ドラムパーカー
チッパー(原動機の定格出力が2.25キロワット以上のもの)
砕木機
帯のこ盤(製材用のものにあっては原動機の定格出力が15キロワット以上,木工用のものにあっては原動機の定格出力が2.25キロワット以上のもの)
丸のこ盤(製材用のものにあっては原動機の定格出力が15キロワット以上,木工用のものにあっては原動機の定格出力が2.25キロワット以上のもの)
かんな盤(原動機の定格出力が2.25キロワット以上のもの)
8抄紙機
9印刷機械(原動機を用いるもの)
10合成樹脂用射出形成機
11鋳型造型機(ジョルト式のもの)

振動規制法特定施設一覧                                      振動規制法施行令別表第1より 

 

特定施設の種類

1金属加工機械
液圧プレス(矯正プレスを除く)
機械プレス
せん断機(原動機の定格出力が1キロワット以上のもの)
鍛造機
ワイヤーフォーミングマシン(原動機の定格出力が37.5キロワット以上のもの)
2圧縮機(原動機の定格出力が7.5キロワット以上のもの)
3土石用または鉱物用の粉砕機,摩砕機,ふるい及び分級機(原動機の定格出力が7.5キロワット以上のもの)
4織機(原動機をもちいるもの)
5コンクリートブロックマシン(原動機の定格出力が合計2.95キロワット以上のもの)並びにコンクリート管製造機械及びコンクリート柱製造機械(原動機の定格出力の合計が10キロワット以上のもの)
6木材加工機械
ドラムパーカー
チッパー(原動機の定格出力が2.2キロワット以上のもの)
7印刷機械(原動機の定格出力が2.2キロワット以上のもの)
8ゴム練用又は合成樹脂練用のロール機(カレンダーロール機以外のもので原動機の定格出力が30キロワット以上のもの)
10鋳型造型機(ジョルト式のもの)

高知県公害防止条例特定施設一覧はこちらをクリック

高知市公害防止条例特定施設一覧はこちらをクリック

 ▲目次へ戻る

5 届出

各種指定地域において上記特定施設を設置する場合は設置工事の30日前(市条例においては60日前)までに設置届出を2部提出する必要があります。また,特定施設の種類によっては複数の法,条例に係る届出の提出が必要な場合があります。

例) 送風機7.5kwを設置する場合

(1)騒音規制法(送風機7.5kw以上に該当)

(2)高知県公害防止条例(送風機2.25kw以上に該当)

(3)高知市公害防止条例(法,高知県条例の届出がある場合に該当)

その他,特定施設の数等の変更,氏名等の変更,廃止,承継等の場合にも届出が必要となります。詳しくは環境保全課までお問い合わせください。

届出様式一覧はこちら

 ▲目次へ戻る