ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 環境保全課 > 石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について

本文

石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について

石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について 

  平成29年5月30日付環水大大発第1705301号において環境省より,「石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について」が通知されました。

 つきましては,下記事項に留意の上,除去等の工法に応じた適切な石綿飛散防止措置を講じる必要があります。

 石綿含有仕上塗材の取扱いについて

 建築物等の内外装仕上げに用いられる建築用仕上塗材には,石綿を含有するものがあり,セメントリシンまたは防水リシン,合成樹脂系リシン,吹付けタイル等が該当します。

 これらの石綿含有仕上塗材に係る建築物等の解体・改造・補修に際しては,施工方法によっては石綿が飛散する可能性があるため,「吹付け工法により施工されたことが明らかな場合」及び「施工時の工法が不明な場合」については,大気汚染防止法施行令第3条の3第1項の「吹付け石綿」に該当するものとして取り扱うこととします。

 このため,これらの石綿含有仕上塗材の除去等を行う際には,大気汚染防止法に基づき,「特定粉じん排出等作業の実施の届出」及び除去等の工法に応じた適切な石綿飛散防止措置を講じる必要があります。

 また,吹付け以外の工法(ローラー塗り等)で施工されたことが明らかな場合は,届出は不要ですが,適切な飛散防止措置を講じる必要があります。

 なお,吹付け石綿に該当する石綿含有仕上塗材の除去等工事における飛散防止対策としては,大気汚染防止法施行規則別表第七の一にある事項の遵守またはこれと同等以上の措置を行う必要があります。

 同等以上の措置について

 同等以上の措置については,厚生労働省の「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル〔2.10版〕」において石綿則第6条ただし書きにより,粉じん飛散防止に関し隔離措置と同等の措置と判断しうる目安として,以下の工法が挙げられているので参考にして下さい。

 ・集じん装置併用手工具ケレン工法

 ・集じん装置付き高圧水洗工法(15MPa以下,30~50MPa程度)

 ・集じん装置付き超高圧水洗工法(100MPa以上)

 ・超音波ケレン工法(HEPAフィルター付き掃除機併用)

 ・剥離剤併用手工具ケレン工法

 ・剥離剤併用高圧水洗工法(30~50MPa程度)

 ・剥離剤併用超高圧水洗工法(100MPa以上)

 ・剥離剤併用超音波ケレン工法

 ・集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法

参考資料

  石綿含有仕上塗剤の除去等作業における石綿飛散防止対策について(環境省)

 厚生労働省「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル〔2.10版〕」

 

お問合せ先

  ご不明な点がございましたら,高知市役所環境保全課までご連絡願います。