ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 環境政策課 > 見て,触れて,食べて!(川の陣)

本文

見て,触れて,食べて!(川の陣)

 No.194 見て,触れて,食べて!(川の陣)

ほぼ週刊鏡川 2018.8 .17


 前回は「川の生き物ふれあい会」食の陣でしたが,今回は川の陣,実際に子どもたちが川に入っている様子をレポートしたいと思います。
 
 連日,猛暑が続いていましたが,この日は曇り空。それでも32度まで気温は上がり,河原にいる大人たちは汗をふきふき作業をすすめています。


 まずは『鏡川“魚の道”をつなぐ会』代表の宮崎さんが,川で使用する道具の説明をしてくれます。
説明   ライフジャケット 
                                 川に入るときは必ずライフジャケットを!


 最初は岸の近くで探していましたが・・・          慣れるとどんどん奥まで進みます。
川岸   奥の方へ



 箱メガネで川の中を覗いてみると・・・            水の中がキレイに見えます。
箱メガネ  水中



 網の中に何かいるかな?                      釣りにも挑戦
網で採る  釣り



 チャン鉄砲も自由自在に扱います。お魚ゲット!   モクズガニやテナガエビも採れました。
チャン鉄砲  エビやカニ



 採ってきた生き物たちの説明を真剣に聞くこどもたち
生き物説明


 インターンシップの学生さんにもお手伝いいただきました。3人ともよく働いてくれました!
インターンシップ1  インターンシップ2


 天気の都合で,午前中だけの体験となりましたが,みんな満足してくれたようです。
 参加してくださったみなさん,ありがとうございました!



 最後に・・・
 実は,朝,鏡川の現場に着くと,空き缶がそこらじゅうに落ちていました。
 回収はしましたが,とても残念なことです。
空き缶
 このような心無い行為が続くと,自然がどんどん汚れていってしまいます。
 平成の名水百選にも選ばれている鏡川,いつまでも美しい川として残すために
一人一人が心がけていってもらいたいものです。

                             ほぼ週刊鏡川目次