ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 生活食品課 > 第二種動物取扱業の届出について

本文

第二種動物取扱業の届出について

第二種動物取扱業の届出

 非営利の活動でも、飼育施設を有し一定数以上の動物の取扱い(譲渡・保管・貸出し・訓練・展示)を行う場合は、あらかじめ「第二種動物取扱業」の届出が必要です。

*実験動物・産業動物を除く、哺乳類、鳥類、爬虫類が対象です。

1 第二種動物取扱業者の範囲

業種業の内容該当する業者の例
譲渡し動物の譲渡を行うこと

シェルター等の飼育施設を有し、譲渡活動を行う愛護団体等

保管保管を目的に動物を預かること

専用の施設を有し、動物を預かり飼養する非営利の愛護団体等

貸出し       

愛玩、撮影その他の目的で動物を貸し出す

専用の飼養施設を有する非営利の活動として、補助犬等の貸出し等、
公的な活動を行っている団体等

訓練   

動物を預かり訓練を行うこと

専用の飼養施設を有する非営利の活動として、補助犬等の訓練等、
公的な活動を行っている団体等

展示

動物を見せる(動物とのふれあいの提供を含む)

公園等での非営利の展示やアニマルセラピー等

2 対象動物と数

分類頭数、大きさ 対象動物
哺乳類大型(3頭以上、頭胴長おおよそ1m以上)

ウシ、シカ、ウマ、ロバ、イノシシ、ブタ、ヒツジ、ヤギ等、特定動物

中型(10頭以上、頭胴長おおよそ50cm~1m)

イヌ、ネコ、タヌキ、キツネ、ウサギ等

小型(50頭以上、頭胴長おおよそ50cm以下)

ネズミ、リス等

鳥類

大型(3頭以上、全長およそ1m以上)

ダチョウ、ツル、クジャ、フラミンゴ、大型猛禽類等、特定動物

中型(10頭以上、全長おおよそ50cm~1m)

アヒル、ニワトリ、ガチョウ、キジ等

小型(50頭以上、全長おおよそ50cm以下)ハト、インコ、オシドリ等
爬虫類大型(3頭以上)特定動物
中型(10頭以上、全長おおよそ1m以上)ヘビ(全長おおよそ1m以上)、イグアナ、海ガメ等
小型(50頭以上、全長おおよそ1m以上)ヘビ(全長おおよそ1m以下)、ヤモリ等

大きさは生体における標準的なサイズから判断する

3 守るべき基準

 飼養する動物の適正な飼養を確保するため、飼養施設に必要な設備を設けるとともに、逸走の防止、清潔な飼育環境の確保、騒音の防止等が義務付けられています。

第二種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目 [PDFファイル/149KB]

4 届出書類

   書類は、正本にその写しを添えて(正副2通)を提出してください。

必要書類

手続き内容

書類名その他添付書類

新規の届出

第二種動物取扱業届出書 
【様式第11の4】PDF[PDFファイル/83KB] WORD[Wordファイル/55KB]
法人の場合
・登記事項証明書
譲渡し、貸出しの場合
・第二種動物取扱業の実施の方法
【様式第11の4別記】PDF[PDFファイル/52KB] WORD[Wordファイル/30KB]
・飼養施設の平面図
 参考様式PDF[PDFファイル/33KB] WORD[Wordファイル/37KB]
・飼養施設の付近の見取図
・飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを証明する書類等
 参考様式PDF[PDFファイル/232KB] WORD[Wordファイル/14KB]

変更の届出

第二種動物取扱業変更届出書 
【様式第11の5】
PDF[PDFファイル/48KB] WORD[Wordファイル/37KB]
【様式第11の6】
PDF[PDFファイル/46KB] WORD[Wordファイル/37KB]
変更内容に応じて
・登記事項証明書
・飼養施設の平面図
・飼養施設の付近の見取図

飼養施設の使用を廃止するとき

飼養施設廃止届出書
【様式第11の7】PDF[PDFファイル/41KB] WORD[Wordファイル/31KB]

廃業するとき

廃業等
【様式第11の8】PDF[PDFファイル/47KB] WORD[Wordファイル/32KB]

5 立入検査・罰則など

     必要に応じて立入検査を行い、守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理や施設が不適切と認められる場合などには、改善の勧告や命令を行います。
     届出をせずに業を行った場合や改善命令に従わなかった場合は30万円以下の罰金に処せられます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)