ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 保険医療課 > 平成24年4月から外来でも限度額適用認定証等が使えるようになりました

本文

平成24年4月から外来でも限度額適用認定証等が使えるようになりました

 平成24年4月から,外来診療等でも医療機関の窓口に「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」などを提示すれば,それぞれの医療機関での窓口負担を一定額(自己負担限度額)にとどめることができるようになりました。

 高額な保険診療を受けられる方は,「限度額適用認定証」を申請ください。ただし,70歳以上の非課税世帯でない方の申請は不要です。(認定証がなくても限度額適用となります。)

 ○申請に必要なもの・・・被保険者証・認め印

保険診療受診者申請の内容病院・薬局で提示するもの
70歳未満の方限度額適用認定証

・被保険者証

・限度額適用認定証

70歳以上74歳以下の方で

非課税世帯の方

限度額適用・標準

負担額減額認定証

・被保険者証

・高齢受給者証

・限度額適用・標準負担額減額認定証

70歳以上74歳以下の方で

非課税世帯でない方

申請は不要

・被保険者証

・高齢受給者証

 ◆認定証は交付申請された月から有効です。

 ◆国保料の納付状況によっては交付できない場合があります。