ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 契約課 > 高知市公共調達条例について

本文

高知市公共調達条例について

 高知市では,発注する工事,役務,物件等の調達において,競争性,公平性等を高めるとともに,調達するものの品質,価格及び履行の適正及び社会的価値の実現及び向上に配慮し,市民の福祉の向上及び地域経済の健全な発展に貢献することを目的として「高知市公共調達基本条例」を制定し,平成24年4月1日付けで施行しました。
 その後,「特定契約制度」に関する条項を加える改正(平成26年9月26日第446回高知市議会定例会において可決)を経て,新たに「高知市公共調達条例」として平成27年10月1日から施行しています。また,平成30年10月1日付けで高知市公共調達条例及び高知市公共調達条例施行規則を一部改正しました。

 「特定契約制度」とは,本市が発注する請負工事や委託業務のうち,条例で定める契約と指定管理協定に係る業務において従事する労働者に,本市が定める基準額(労働報酬下限額)以上の賃金の支払や「労務台帳」及び「誓約書」の提出を受注者及び受注関係者(下請その他いかなる名称によるかを問わず,高知市以外の者から特定契約に係る作業の一部を請け負う者をいう。以下同じ。)に義務付けるものです。
 また,対象となる労働者(退職者を含む)は,本市が定める基準額(労働報酬下限額)以上の賃金が支払われていない場合は,受注者又は受注関係者もしくは市長等に申し出ることができます。

 このたび,支払を義務付ける「労働報酬下限額」を,平成31年1月1日付けで改定し,あわせて「特定契約制度の手引き」等を改訂したので,お知らせします。

高知市公共調達条例新旧対照表  [PDFファイル/168KB]
様式第2号 立入調査員証  [Wordファイル/21KB]

【平成31年1月1日以降に契約または基本協定を締結する案件】

【平成30年1月1日以降に契約または基本協定を締結する案件】

【平成29年1月1日以降平成29年12月31日までに契約または基本協定を締結している案件】

【労務台帳様式:特定工事請負契約】

(1) 表紙   (2)(3)に共通
労務台帳0-(提出時用表紙)  [Excelファイル/13KB]
(2) 平成30年1月1日以降に契約または基本協定を締結している案件用
労務台帳1-(特定工事請負契約)  [Excelファイル/29KB]
(3) 平成29年12月31日までに契約または基本協定を締結している案件用

※ 平成30年度地域別最低賃金の改正により,平成29年12月31日までに契約または基本協定を締結している案件(労働報酬下限額761円)について,平成30年10月5日以降最低賃金が762円となり,労働報酬下限額を上回ることとなりました。このため労務台帳について下のとおり使い分けをしてくださるようお願いいたします。

【労務台帳様式:特定業務委託契約】

(1) 表紙   (2)(3)(4)に共通
労務台帳(提出時用表紙)  [Excelファイル/13KB]
(2) 平成30年1月1日以降に契約または基本協定を締結している案件用
労務台帳  [Excelファイル/25KB]
(3) 平成29年1月1日から平成29年12月31日までに契約または基本協定を締結している案件用
(4) 平成28年12月31日までに契約または基本協定を締結している案件用

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)