「高知市」は人口30万。海、山、川にほど近く、都会と田舎、両方の魅力を持ったコンパクトシティです♪

高知市移住・定住促進室
TEL 088-823-8813(平日8:30~17:15)

Facebook Instagram

こうちらいふ

高知市への移住について

移住・定住促進室

088-823-8813

(平日8:30~17:15)

メールでのお問い合わせ

トップページ > 中島美宝さん(第64回)

よさこい移住

中島美宝さん(第64回)

現在のお住まい:高知市(前居住地:大阪府)

憧れ続けた正調よさこい

 今年の春、県外の大学を卒業して高知に戻ってきました。何か高知らしいことをしたいと思いついたのが、高知の暑い夏を象徴するよさこい祭りへの参加です。
私は正調踊りが1番好きなのですが、正調で有名な高知市役所のチームは職員かその家族しか踊れないとのことでしたので、当初は大学生の正調よさこいチームを作って出場することを試みました。
よさこい祭振興会や岡崎よさこい研究所を訪ね、機材・音・振り付け・衣装準備などを1から教えていただきながら準備を進めていましたが、申込者不足のため断念。諦めが悪く、どうしても正調が踊りたいと公言し続けた結果、高知市役所踊り子隊に「移住者枠」があることを教えていただき応募しました。

踊り子と観客が一体となって

 やっぱり正調が1番好きだと思いました。
私は日本舞踊を習っているのですが、鳴子の持ち方、鳴らし方、角度、音の取り方、膝や腰の身のこなしなど、その微妙な所作の1つ1つが美しくて奥深いと思いました。お客さんと掛け声を合わせたり、一緒に踊れたりするのは正調ならではで、祭りの一体感を味わえて楽しかったです。
1日酔っぱらいながら歌って踊ったのも初めてで、踊り子の方もお客さんも温かくて、幸せだなと思いました。

正調ファンを増やしたい

 踊り子の方に教えていただき、「正調よさこい鳴子踊り普及振興会」(通称「よさこいクラブ」)に所属しました。よさこい祭り以外のお祭りでも踊ります。
ベテランの方の踊りに目を奪われながら、真似ながら、「正調もいいな」と思う同世代を増やせるように励みます。

  • 高知市に住んでみる
  • 高知市の移住キーワード
  • 移住者インタビュー
  • 中山間地域暮らし体験滞在施設のご案内
  • 高知市中山間地域空き家情報バンク制度
  • 暮らすに「ぼっちり」高知市ガイドツアー
  • よさこい移住プロジェクト